コーヒー

コーヒー豆の保存で最適な方法は?美味しく飲むための保管のコツを解説!

コーヒーを美味しく飲みたくて、レギュラーコーヒーをドリップしているのに、あんまり美味しくなかった経験はありませんか?

それは、コーヒー豆の保存方法に原因があるかもしれません。

せっかく買ったお気に入りのコーヒー豆です。

長く香りや味を継続し美味しく飲みたいですよね。

そこで今回はコーヒー豆の最適な保存方法をお伝えしていきます。

美味しく飲むための保管のコツも解説しますので是非試してみてくださいね!

 

コーヒーを美味しく飲むための保存方法の ポイントは?

コーヒー豆の保存は、温度、湿気、紫外線に注意して、劣化のスピードを遅らせるのがポイントです。

 

コーヒー豆の最適な保存場所は?

コーヒーはとてもデリケートです。

焙煎後、直ぐに酸化が始まります。

一週間程度であれば、常温保存で問題ないといわれてはいますが、保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。

豆の場合、冷凍庫から出してそのまま挽いてからドリップすることが可能です。

初めて冷凍保存した豆を自宅で挽いてドリップした時は、お湯を注いでモコモコと粉が膨らむのを見て感動しました!

よく、結露があるため冷凍はおすすめしないと聞きますが、使わない分の豆は、すぐに冷凍庫に戻せばさほど問題はないようです。

 

コーヒー豆の状態管理が大事?

コーヒー豆を粉に挽いてしまうと、空気に触れる面積が大きくなる為、酸化も進みやすくなります。

コーヒーは、豆の状態で購入して、冷凍保存が良いですね。

ドリップの直前に挽くのがおすすめです!

おいしさが、香りが、全然違います!

コンパクトな電動コーヒーミルなら、二~三千円くらいで手に入りますのでぜひ試してみてください。

 

コーヒー豆の保存に最適な容器は?

焙煎したてのコーヒーからはガスが出るため、専門のお店で購入すると、ガスが抜けるような袋に入っていると思いますが、さらに密封できるジッパー付きの袋に入れて冷凍庫に入れるのがベストだと思います。

冷凍庫に入っている他の物の匂いや、冷凍庫自体の匂いが移りやすいからです。

冷凍庫なら透明のもので大丈夫ですが、冷凍庫に入れない場合はアルミ製のジッパー付き袋が安心です。

コーヒー豆は直射日光はもちろん、太陽光や蛍光灯に含まれる紫外線でも劣化します。

 

コーヒー豆の保存期間は?

コーヒー豆の賞味期限は、市販品は半年や一年程度に設定されているものもあります。

しかし、コーヒー豆の専門店では2~3週間で飲み切ってと言われるのではないでしょうか?

健康に影響ない期限が消費期限、おいしく楽しめる期限が賞味期限だとは言いますが、コーヒーに関しては、おいしく楽しめる期間は本当に短いと思います。

コーヒー豆の香りや風味は、焙煎して2週間前後で減少していくといわれています。

コーヒー本来のおいしさを味わえる期間としては、2週間ほどが賞味期限といえるのではないでしょうか?

 

まとめ

以上、コーヒーをおいしく保存する方法についてお伝えいたしました。

高温・紫外線・酸素・匂い移りを避けるように保存し、結露による水分に気を付けていただけたら、焙煎したての香りと風味を長くお楽しみいただけると思います。

せっかく買ったお気に入りのコーヒーを、最後までおいしく召し上がってくださいね!

おいしいコーヒーで幸せなコーヒータイムを(^^♪