コーヒー

コーヒー豆の美味しい焙煎度合いとは?呼び方と焙煎後の状態を知ろう!

焙煎のプロが焙煎したコーヒー豆を購入する場合は一番美味しい焙煎度合いで仕上げられていると思います。

今は、ネットショップなどでコーヒー豆を自分で選んで購入する場合もありますよね。

その場合は、何種類からか、選択する必要がありますね。

美味しい焙煎度合いがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、コーヒー豆の美味しい焙煎度合いについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

呼び方や焙煎後のコーヒー豆の状態を知って、自分のお気に入りのコーヒー豆をぜひ手にしてくださいね!

 

美味しいコーヒー豆の焙煎度合いとは

生のコーヒー豆は、加熱することによって「焙煎度合い」が進みます。

生豆の持つ水分がだんだんと抜けていって、その色は緑色→薄い黄色→薄い茶色→濃い茶色と、色合いが変化していきます。

そして最終的には真っ黒に近づいていきます。

色の変化と、味わいの変化は連動していて、同じコーヒー豆であれば、焙煎度合いが浅いほど酸味が強く出ます。

焙煎度合いが進んで色が濃くなるにつれ、酸味は抜けて弱くなり、苦みが強くなります。

ですが、味や香りの変化は、豆によっても異なりますし、浅煎りから深煎りまでの変化が穏やかで、どの焙煎度合いでもいい味を出してくれる豆もあれば、狭い範囲でしかいい味を出さない豆もあります。

深煎りまで煎っても、ある程度の酸味が残る豆もありますし、あるポイントを境に急に香りが弱くなってしまうような豆もあります。

どういったコーヒー豆がどういうローストに適しているかは別のブログでご紹介していこうと思いますので、こちらでは、焙煎度合いの段階をお伝えしますね。

 

焙煎度合いの呼び方と焙煎後の状態

焙煎度合いの呼び方としては、日本式の4段階、【浅煎り】【中煎り】【中深煎り】【深煎り】はよく、きかれるかと思います。

ほかにも、アメリカ式の8段階、【ライト】【シナモン】【ミディアム】【ハイ】【シティ】【フルシティ】【フレンチ】【イタリアン】も、よくきかれますよね。

一般的にはコーヒー豆を焙煎するという意味の「ロースト」をつけて、【ライトロースト】【シナモンロースト】というふうに呼ばれます。

ただし、どの焙煎度合いにしても、世界共通の明確な基準があるわけではありません。

呼び方が同じでも、販売店などで若干の違いがあることはご了承ください。

それでは順番に焙煎度合いの名称と状態を見ていきましょう!

 

①ライトロースト(浅煎り)

最も浅い焙煎度合いで、酸味が強くて、苦みはほとんど感じません。

一般的に、飲むための焙煎度合いではなく、コーヒー豆の個性を確認するためのカッピングなどで使われます。

 

②シナモンロースト(浅煎り)

明るい茶色、シナモンに近い色で、酸味が強く、苦みは薄く、生豆の青臭さが残っています。

コーヒーらしい香味はあまり感じられませんが、良質の酸味を持つコーヒー豆であれば、この焙煎度合いでしっかり特徴を出せます。

 

③ミディアムロースト(中煎り)

中煎りの領域で、色は、栗色になってきます。

香りが立ち、少しだけ苦みも出てきます。

酸味を生かすコーヒー豆に向いている焙煎度合いです。

 

④ハイロースト(中煎り)

やや濃い茶色になってきます。

酸味はやや抑えられて、苦みと甘みが増してきます。

日本では一般的によく使われている焙煎度合いで、多くの人になじみ深いコーヒーらしい味わいになります。

 

⑤シティロースト(中深煎り)

色は、濃い茶色になってきます。

酸味が抑えられてきて、甘みやコクが目立ってきます。

程よい苦みも出てきてバランスのとれた味わいになります。

ハイローストとともに、日本で好まれる焙煎度合いといえます。

ドリップコーヒーだけでなく、エスプレッソでもよく使われています。

 

⑥フルシティロースト(中深煎り)

色は、チョコレートのようになります。

酸味よりも苦みが主体となってきて、より強いコクを感じる深煎りの風味を楽しめます。

そしてこのあたりも、日本人には好まれる焙煎度合いです。

エスプレッソにも適した焙煎度合いです。

 

⑦フレンチロースト(深煎り)

色はやや黒っぽい茶色になってきます。

豆の表面には油分がにじんで光沢が出てきます。

酸味はかすかに感じる程度で、苦みやコクを楽しむ焙煎度合いといえます。

ミルクと合わせてカフェオレにしてもおいしいです。

 

⑧イタリアンロースト(深煎り)

最も深い焙煎度合いで、コーヒー豆の油でテカテカと光ります。

苦みが強く、酸味はほとんどありません。

香ばしい香りが強く出てきて、アイスコーヒーに使われる焙煎度合いですが、焦げたにおいを感じることもあります。

 

まとめ

最近では、コーヒー豆を自分で購入する人がどんどん増えてきているようです。おうち時間を楽しむ傾向にありますから、自分で焙煎する人も増えているようですね。

まずは、コーヒー豆の焙煎度合いを自分で選択する場合に役立つ、焙煎度合いについてお伝えしました。

コーヒーの香りは幸せを運んできます。

本当に幸せなコーヒータイムを(^^♪